肌ケア

肌ケアの基本

美肌になるためには、毎日のスキンケアがとても大事です。コツコツとお肌のケアを続けることでお肌の状態を維持することができます。基本的な肌のケアを知っておくことが大切です。化粧を施すために使うメイク用品と、肌のコンディションを整えるために使うスキンケア用品は、互いに全く異なります。肌のケアにとって大事なのは、自分の肌質に合った基礎化粧品を使うことです。市販のスキンケア用品は数えきれないほどの種類がありますが、試供品を使ってみるなどして肌との相性のいいものを選ぶようにするといいでしょう。メイクアップ用の化粧品は肌に負担をかけることが多いので、きちんとメイクを落とすことが大切です。扱うメイクによっては毛穴にフタをするような状態になりますので、ずっとそのままにはしていられません。化粧をした後はクレンジング剤などでしっかりと化粧を落とします。クレンジング剤の選択では、洗い落とす力を確認してください。強すぎると肌への負担が大きくなり、弱すぎると洗い残りによって肌へ一層負担をかけてしまいます。クレンジング後、皮膚の水分は少なくなっています。皮膚の潤いを取り戻すためにも、化粧水をたっぷり使って皮膚に水をつけることが重要です。自分の肌に合った化粧品を使い、きちんと肌の汚れを落とし、保湿をすることが肌ケアの基本中の基本です。

冬の肌ケア

1年じゅう、いつでも肌ケアは必須のことですが、冬にしなければならない肌ケアとは何でしょうか。冬になるとどんな人でも肌の乾燥が気になるものです。気温が下がると、空気も乾燥して湿度も低下します。その結果肌が必要な水分が逃げていってしまうのです。冬には欠かせない暖房も肌の乾燥を促進します。冬の肌ケアのポイントは乾燥をいかに防ぐかということではないでしょうか。乾燥対策には、肌の保湿が大事です。風呂上がりや洗顔の後は肌が乾燥していますので、まずは保湿をしてください。数分間の間にも肌の水分はどんどん逃げて行ってしまいます。洗顔後はたっぷりと化粧水をつけて肌に水分を補いましょう。しっかり保湿をしたら、クリームや乳液でフタをして、これ以上肌から水分が逃げていかないような状態にすることも必要になります。化粧水と乳液の両方でケアをすることが重要だといえます。冬場は洗顔そのものが乾燥の原因になりますので、洗顔回数は最低限にしておいたほうが良いでしょう。皮膚を乾燥させないで洗顔をするには、洗顔時の湯温はぬるま湯程度にすることが大事です。体の内側がら肌の乾燥を防ぐためにも、ビタミンAのサプリメントを摂るのも冬の良い肌ケアになります。ビタミンAは、お肌の皮脂分泌をコントロールする成分です。体の外側と内側両方からしっかりと肌ケアをすることが冬の乾燥肌を防ぐポイントだといえるでしょう。

夏の肌ケア

夏場の肌ケアは、何を注意するといいでしょうか。夏の紫外線は肌の大敵ですので、夏の肌ケアのポイントは紫外線対策であるといっても過言ではありません。強い紫外線にさらされた肌は水分が失われ、さらにコラーゲンも破壊されることでターンオーバーが難しくなります。夏は大量に汗をかきますが、汗をかくことで肌の天然成分が奪われ、肌ダメージの原因となります。室内は空調が整っているために、空気が乾燥して皮膚の水分が失われていきます。夏の肌はさまざまなことが原因で傷つきやすくなっており、丁寧は肌ケアが必要なのです。厚い角膜層をつくることで、夏の肌は外部からの刺激から自身を守ろうとします。不要な角質はピーリングやゴマージュで除去してください。化粧水の前に導入美容液を使うのも夏の肌ケアにはおすすめです。皮膚につけた栄養成分が肌の奥にまで届くように、最初に導入美容液をつけるというやり方です。スキンケアのために必要な肌のお手入れが済んだら、化粧水をしっかりと顔全体につけます。はじめに軽い質感の化粧水で水分の通り道を開いたら、次に保湿力の高い化粧水でケアしましょう。夏場のスキンケアで大事なことは、いきなり乳液などを使わず、まず肌のコンディションを整えることです。化粧水と乳液の間に美容液を加えるのもおすすめです。ダメージを受けやすい夏こそ丁寧な肌ケアで美しい肌を手に入れましょう。